生命保険バイブルへ > 三大疾病にかかわる生命保険の選び方

三大疾病にかかわる生命保険の選び方

 昔に比べると現在の日本人の中で特に多い病気と言えばガンや心筋梗塞、脳卒中になります。

この3つの三大疾病にかかってしまった時の事を考えると治療費など死亡後に支払われる生命保険では心細いですよね。

そんな場合にお勧めしたい生命保険は、特定疾病保障保険になります。

この特定疾病保障の生命保険なら万が一3大疾病にかかった場合、生きている間に死亡保険金と同じ金額の特定疾病保険金を受けとることができる生命保険になります。

治療費にも費用がかかるので、3大疾病保障の生命保険は人気の生命保険です。


またこの特定疾病保険の特徴は一度、特定疾病保険金を受け取ると契約が完了になりますので、新たに生命保険の見直しが必要になるというデメリットがあります。

特定疾病保険金を受け取る前に死亡した場合には生命保険金が下ります。

満期保険金がある生命保険ではない点が他の保険との大きな違いになります。
また保険料の払込期間が決まっている一定型と生涯払う終身型があります。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。