生命保険バイブルへ > 介護者を支援する生命保険の選び方

介護者を支援する生命保険の選び方

 高齢者になってくると介護が必要な人が増えてきます。
現在では少子化が進んでいます。
その影響も大きくかかわりが出てきている深刻な問題になりつつあるのが介護だと思います。

介護が必要になると治療費や介護費として高額な金額が必要になり家計の負担も大きな問題になってきます。

そんな介護者の負担を軽くしたい場合の生命保険の選び方としては介護保険をお勧めします。

介護保険には民間や公的な保険に分けられます。

民間と公的の介護保険の大きな違いには、公的介護保険の場合には介護保険に加入する年齢や給付金を受け取る年齢が高齢者出なければならないという条件があります。

民間の介護保険の場合には、保険会社が決めた年齢が条件になるので若い世代でも加入することができる介護保険もあります。


また給付金についても大きな違いがあり公的な保険では介護サービスとして給付されるのに対して民間の場合は給付金として現金で支払われる事も可能です。

公的保険や民間保険にも、介護には階級があり介護認定級によって一時金や年金が受け取ることができるものもあります。

誰でもいずれは誰かの介護が必要になる年齢がやってきます。

介護保険を上手に利用することで自分だけではなく周りの人も充実した毎日を送ることができると思います。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。